下肢静脈瘤や他の病気をノックアウト│健康な日々を過ごそう

先生

がん治療の新しい選択肢

女性

体への負担の少ない療法

免疫細胞療法はがん治療の一つとして認知度が高まっている療法です。免疫細胞療法とは、自身の血液から取り出した免疫細胞を体外で活性、増殖させてから再び体内へ入れ、がん細胞を打ち消す療法です。免疫細胞が活性化しているうちは毎日生み出されるがん細胞に勝つことが出来るのですが、免疫細胞の働きが弱ってくると、がん細胞を打ち消す力衰えがんが出来てしまいます。がん治療は抗がん剤や放射線治療などが一般的ですが、体への負担は大きく闘病生活は苦しいものです。免疫細胞療法は、体への負担は無く副作用もほとんど無いことで知られています。また、免疫細胞療法は抗がん剤や放射線治療などの他の治療法との併用も可能となっています。

治療相場の紹介

免疫細胞療法は、保険適用ではなく治療費が高い点が浸透性の低さの要因かもしれません。治療の内容としては、培養した免疫細胞を1回だけ投与するのではなく、6回〜12回というように段階を設けて免疫細胞を投与していきます。段階を設けることで経過観察をしながら治療していく流れとなっています。相談料を含めた初診料は約5万円で、その後の12回の投与分などいくつかの項目を合算すると約160万円が相場となっています。培養方法によってもいくらか価格が変化してきますので検討している方は視野にしれておくと良いでしょう。決して安いとは言えませんが、体への負担や副作用がほとんど無いがん治療は他には無く、ひとつの選択肢として取り入れている方もいらっしゃいます。