下肢静脈瘤や他の病気をノックアウト│健康な日々を過ごそう

先生

新しいガンの治療方法

悩み

副作用が少ない特徴が

死亡率が高く恐ろしい病気だと考えられているガンですが、医療技術の進歩によって様々な治療法が開発されています。そのおかげで昔は治療することが出来なかったようなガンでも、今では治療することが出来ることも少なくありません。そして、最新の治療方法として期待されているのが免疫細胞治療です。ガンの治療法としては化学療法や放射線治療などがありますが、これらの治療方法は副作用の心配もある治療法でした。しかし、免疫細胞治療は自分の持っている免疫細胞を増殖させてガンを治療するので副作用が起きる心配がありません。一度体内から免疫細胞を取り出し、それを培養して増殖させた後に体の中に戻す免疫細胞治療はQOLも低下させない治療法として期待されています。

他の治療法と併用も

自身の免疫細胞を使って治療を行なうので、従来の治療法と違って副作用の心配がないということで注目されているガンの治療方法が免疫細胞治療です。しかし、最近では免疫細胞治療単独での治療ではなく、他の治療方法と併用して行なうことでより高い治療効果を得ることが出来るとされています。従来は手術が可能であれば手術を行い、そうでなければ化学療法や放射線治療を行なうのが一般的でした。これらの治療方法は高い効果が得られるものの、副作用が起きるという欠点もありました。しかし、免疫細胞治療と併用して行なうことで副作用の軽減が出来るだけではなく、相乗効果によってより高い治療効果が得られる事がわかってきたのです。これにより、免疫細胞治療は治療が難しかったガンの治療も行えるとして期待されています。