下肢静脈瘤や他の病気をノックアウト│健康な日々を過ごそう

医者

身体にやさしい治療法

医者

免疫治療は、これからのがん治療に期待がもてる治療法です。自分の免疫でがん治療を行うので、副作用がないことも魅力的です。通院しながら、治療を行うことができるので日常生活を維持することができます。免疫治療は、身体にやさしい治療法です。

Read More...

新しいガンの治療方法

悩み

免疫細胞治療は最新のガンの治療方法です。自分の免疫細胞を使って行なう治療方法であり、副作用の心配がないという特徴があります。免疫細胞治療は単体で行なうのではなく、従来の治療方法と併用することで高い治療効果が得られるとして期待されています。

Read More...

がん治療の新しい選択肢

女性

免疫細胞療法は、がん治療において体に負担の少ない療法と言えます。一般的に使用される抗がん剤や放射線治療は体への負担が大きく病に負けてしまう場合もありますが、免疫細胞療法は採血で血液を取り出し、体外で培養することで活性化させた免疫細胞を再び体内へいれてがん細胞を撲滅する治療法です。

Read More...

足の症状

病棟

足の血管が気になるようになってきた、足がだるい、よくつるようになった等の症状がある人は、下肢静脈瘤の可能性があります。下肢静脈瘤とは、静脈の中にある静脈弁という昨日が壊れることで血液の逆流が起き、血管が膨らんでしまうというものです。血管が膨らんでしまうことから、見た目にも血管が浮き出て見えることや、血液が足に溜まりやすくなり疲れやすくなるという症状が起きてきます。下肢静脈瘤は、40代以降に発症することが多く、加齢により血管が弱くなったことから弁が壊れるという症状になることが多いです。また、女性の発症率が非常に高いです。妊娠時に分泌されるホルモンで発生しやすくなることや、筋力が弱い人も多いことから、女性に発症しやすいというデータがあります。

下肢静脈瘤の改善として、現在様々な方法が取られています。まず、弾性ストッキングや弾性ソックスを利用するという方法です。足を全体的に圧迫することで、血液の循環を促します。軽度の下肢静脈瘤や手術をした人の再発予防として使われることが多く、日常的にケアをすることが出来ることから多くの人が利用しています。また、静脈に注射で硬化剤を注入するという方法もあります。傷跡も残らず、診察を受けてすぐに改善することができます。また、レーザーを利用して静脈にレーザーファイバーを挿入するという方法を取られることもあります。身体に負担がかからないことから多くの所で利用されています。東京や大阪を中心に、現在様々なところで下肢静脈瘤の様々な治療が行われています。気になる症状がある場合、インターネット等で評判の良い所を中心に調べていくことができます。